Like A Rabbit

Category : 日記
これ、テロリストではありません(!)
(時節柄、不適切でした。すみません)
ウサギを撮る時の僕です。

撮り始めてから丸10年。
その間、いろんな反省をふまえつつ装備が変化し、
今年はこの格好で撮っていた。

本当ならうさぎになって小さなコンパクトカメラ片手に、
「まいど、まいど」とうさぎ達に接していくのがBESTなのだが、
人間界ではいつもそうするのだが、うさぎ相手にそんな訳にはいかない。
悲しいかな(本当にそう思う)カモフラージュをして
ほふく前進するしかないのだ。

撮影の仕方としては、兵隊のような心境である。
もっとも、兵隊になった事は無いが。
行動は「決断力を持って、機敏かつ冷静に」が原則。
しかし、何時も心の中で、「うさぎ達に受け入れてもらえる様」に念じ、
「僕は敵ではないですよ、どうぞ撮らせて下さい」とつぶやいている。

しかし、うさぎからみれば、
こちらは「余興」、自分(うさぎ)達は「Dead or Alive(ふ、古い!)」である。
逃げられる事の方が多い。
しかも、こちらの気持ちの焦りを見抜くかのように逃げていく。
いろんな装備を持ってしても自然界では人間が(ぼくが!)一番鈍感で
しかも人間は二本足走行である事を痛感させられてしまう。
全く地を這う事には向いていない。
でも、そんなことで、
うさぎ達が、自然が、日本で鈍くなっている僕の感性を研ぎすましてくれる。

・・・などと浸っていると、やってくるのは「本物の」うさぎハンター達。
そして誰もがこの不審者に尋ねる。
「What are you doing here?」
地面に伏せながら説明する僕でしたとさ。

 
    2W9A4903_20081207105157.jpg
迷彩マスクは一応擬装だが虫除けに効果的。
カメラは防音カバーで覆われている。

GLEN0291.jpg
よいしょ、よいしょ、誰かがやってきた。早く隠れなきゃ!( うさぎ)

GLEN0299.jpg
「また職務質問される、めんどくさいな~」(僕)

Comment

確かにそういわれれば、テロリストにみえますね(笑)。
でも、写真とられるの大変なんですね。
また、Photos楽しみにしています!
非公開コメント

プロフィール
村川荘兵衛(MURAKAWA SHOHEE)  フォトグラファー

shohee

Author:shohee
「うさぎの国へ
 スコットランドのアナウサギ」
(メディアイランド刊)発売中
http://www.mediaisland.co.jp/item/item166.html

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  11  05  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  03  02