ドイツ取材日誌 その1 「ベルリン・天使の詩」

Category : 日記
 
EOS5Dmark2, Tamron28~75㎜F2.8,

20年ほど前、「ベルリン・天使の詩」という映画を見た。
天使が人間に恋をする、ベルリンを舞台にしたお話(詳しくは、ぜひ、見て下さい!)。
天使役のブルーノ・ガンツは映画「ヒトラー・最期の12日間」でヒトラーを演じた、ドイツの名優である。
彼の物静かなたたずまいの演技と、途中までモノクロで展開されるベルリンの街並の映像とが相まって、以後、ベルリンと言えばその独特なイメージを持っていた・・・

そして、取材でベルリンへ。
「ベルリン・天使の詩」のイメージは強く、着いた日の夜、さっそく、「天使が佇んでいた」戦勝記念塔へ行ってみた。
すっかりあたりは闇なのだが、塔はライトアップされていて、頂上に立つ天使も美しく輝いていた。

美しい被写体にまっすぐレンズを向けるような事はせず、やはり自分の中で消化しきって
表現したいという写真家としての欲望は常にあるのだが、さりとて美しい被写体にバカ正直にレンズを向ける自分もいる。「ああ、月並みだなぁ。」とか心中つぶやきながら。
かといってそれを斜に構えてこねくり回すのはタチが悪い、そんな時は写真が大体良くない。ここはやたらと攻めずに「被写体から来たるべきもの」と、「写真の神様」が降りて来るのを待って・・・とか言いながら取材時特有の焦りを感じてバタバタ撮っていると・・・

空から天使がやってきた!

それは低くたれ込めた雲に、ライトアップした塔の天使の影が映ったものだった。
「う、美しい・・・」
枚数を撮る。仕事では出来うる限りたくさん撮る。あとで無いのが一番コワいからだ。しかし雲の動き方で天使はカタチを変える。それでも一枚、「おおっ」という感じで写り、同じく「ベルリン・・」を見た事のある編集者と液晶画面を見て喜んだ。
「写真の神が降りてきた!」「コリャ絶対A3見開きやわ」一人で大騒ぎする僕に、編集者は冷静な判断を下す。
「一応、晴れた日中も撮りましょう」

そして次の日、晴れた戦勝記念塔を訪れた。
まあ、やはり、晴れた日は気持ちがいい。僕はそこで、晴れだから撮れるような写真を撮った。誌面的にもその方が映えたのもあるが、それ以前にそれは、「天使がやってきたから」である。
誌面にはそれが見開きになった(「音遊人」6月号ドイツ特集24〜25頁)。

「夜の天使」にはしばし僕も編集氏も見とれてしまった。
しかし、ドイツ特集の水先案内人はやはり昼間の天使の方が良い。
そういう判断をしたのである。

プロは常に冷静な判断を下さねばならないが、予期せぬ物事が撮れると僕はつい舞い上がってしまう。よく「ホットなハート、クールな眼」というが、僕は時々ハートも眼もホットになってしまう。
そんな時につくづく思う。
「ゴルゴ13は真のプロフェッショナルだ」と!

しかし編集氏はそんな僕の心中を察知してか、それとも自分も「夜の天使」に思いを馳せたからか、夜の天使の写真をあとがきに使ってくれた。

「天使が東側を望む図」
angel_0088.jpg 向こうにブランデンブルグ門、テレビ塔が小さく見えます。
EOS5Dmark2, CanonEF16~35㎜F2.8

・・・とか言いながら、無理矢理こねくり回した(!)写真。ちょっとやってみたかったので。
ある方法で防護柵越しにとってます。危険な事はしてないが、コワかった!
あと編集氏を待たせてしまった。すみません!
あ、ちなみにこの写真はボツでしたわはは。

Comment

非公開コメント

プロフィール
村川荘兵衛(MURAKAWA SHOHEE)  フォトグラファー

shohee

Author:shohee
「うさぎの国へ
 スコットランドのアナウサギ」
(メディアイランド刊)発売中
http://www.mediaisland.co.jp/item/item166.html

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  11  05  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  03  02