Burns & Mackintosh 

Category : 日記
10月に入ってから先週までスコットランドにいた。
いつものウサギ撮影ではない。
雑誌の取材で約2週間滞在した。

勝手知ったる(?)国だからこそ、慣れてしまわないように心掛けた(つもり)。

今回は2誌の取材で、それぞれロバート・バーンズとマッキントッシュがメインテーマだった。

ロバート・バーンズはスコットランドの伝承歌であった「蛍の光」の歌詞をまとめた人で
かの国の国民的詩人だ。お札の肖像画にもなっている。(日本語の歌詞は文部省唱歌として日本人が作ったもの。)

マッキントッシュはパソコンでも、オーディオ機器でもなく、スコットランド出身の建築家だ。

今回、折角彼の地に行くので、うさぎ撮影の時お世話になっている人々にも連絡をしておいた。
すると定宿(!)のメアリーがバーンズについて色々と教えてくれた。
わずか30分ほどだったが、早口の英語で!!
「ここに半年すめばきっと英語がペラペラになるだろうな・・」
そう思いながら、いつもの通りにわかる単語だけ拾って聞いていた。

その他、いつものパブセッションの面々や知人のバグパイプ職人にも取材をした。
セッションではいつもの面々が演奏してくれ、互いに酒を飲み合い、
取材と言えどもうすっかりほろ酔いで。。。
でもそういう時の方が写真がいいような気がする!!
   
ここでロバート・バーンズの詩より。
「親しい友人とウィスキー、人生において他に何が必要か。。。」
言葉は片言でも、お酒が言葉になってくれる。

しかし、僕にはカメラが必要です!
 

IMG_1901.jpg
Fortingall Hotel にて。セッションの合間の小休止。
夜風が気持ちいい!

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

Comment

非公開コメント

プロフィール
村川荘兵衛(MURAKAWA SHOHEE)  フォトグラファー

shohee

Author:shohee
「うさぎの国へ
 スコットランドのアナウサギ」
(メディアイランド刊)発売中
http://www.mediaisland.co.jp/item/item166.html

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  11  05  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  03  02