チェコに再び・・・part2

Category : 日記
チェスキークルムロフ(Český Krumlov)は世界遺産で有名らしい。
僕はよく知らず、妻のリクエストでここに向かった。
今のシーズンはとてもbusyだと聞いていたが、観光客は多かったが
静かな街だった。

プラハから鉄道&バスで約4時間(もかかってしまった)
本国の首都よりもウィーンの方が近いらしい。

観光地には付き物のアンティーク・ショップも数軒あった。
僕はガラクタが好きなので(古い車のミニカーとか、昔のドアノブとか!)あるお店に。

そこで、定番の銀食器や人形、ミニカーやカメラに混じって
ハーゲンクロイツのついた鞄や小刀を見つけた。
言うまでもなくナチスドイツの時代のものだ。
歴史上においてチェコとも因縁深い鍵十字。
そんなもの売っていていいのか?とちょっと驚いて
泊まっていたホテルの男性に聞いてみると
「なに!どこの店だった?」とあきれていた。
別のチェコ人の知人に聞いてみると
「売買は合法だが、身につけて街を出歩くのは違法」とも言っていた。

以前、同国のリトミシュル(Litomyšl)の教会にあったパイプオルガンの側面に
ナチスドイツの兵士がチェコ撤退前に書いたらしい自信の名前の落書きが消されずに
残されているのを見て「なぜ消さないの?」とたずねたら、
「歴史の記憶だから」と答えられたことがあった。

僕はそのお店では何も買わなかったが、どうも弾薬入れだったらしい鍵十字のついたそれを手に取りながら、現実には知らないその昔の出来事を想像していた。
そこで売られていた事にはコメントする余地もないが、
少なくとも僕にとっては、一つの戒めを刻み込む出来事になった。


Český Krumlov
  

IMG_1316.jpg

  IMG_1279.jpg

IMG_1276.jpg

  IMG_1321.jpg
EOS5D mark2 , 50㎜

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

Comment

Re: チェコに再び・・・part2

衝撃を受けた写真に何年も経ってから出会うと、スゴく懐かしく旧友に出会った気持ちになったりします。

4枚目の写真は何か像のようなものが漆喰で塗り込められた感じなんでしょうか?

Takaさんへ

4枚目の写真は、う~ん、なんでしょう?
像とかではないと思いますが、なんとはなく気になったもので・・・
非公開コメント

プロフィール
村川荘兵衛(MURAKAWA SHOHEE)  フォトグラファー

shohee

Author:shohee
「うさぎの国へ
 スコットランドのアナウサギ」
(メディアイランド刊)発売中
http://www.mediaisland.co.jp/item/item166.html

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  11  05  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  03  02